屋根鉄板のみ

《そよ換気》では、コストを抑えるために、集熱チャンバーやガラスを使用しないで屋根鉄板のみで集熱面を形成します。

soyokanki01

集熱チャンバーを使用しない集熱面

soyokanki

《そよ換気》を施工した後、通気垂木をビス止めしていきます。

soyokanki

集熱チャンバーの代わりに棟頂部に空気の流路を設けます。通気垂木上部には、踏抜き防止板を設置します。

soyokanki

《そよ換気》ユニットとの距離に応じて、集熱レーンの流入量調整のために、採熱板を枚数を変えて数枚設置します。

soyokanki

気密に注意しながら、板金屋根を設置して施工します。