下端ガラス押え金物
新ガラス押え金物

下端ガラス押え金物は、本体とフタの2つの部品で構成されています。本体にはガラス押えのL字アングルと面戸が一体になっているので、新たに風除け面戸を取り付ける必要がありません。

新ガラス押え金物

本体を瓦棒芯木にビス止めした後、カバーをかける構造になっています。

新ガラス押え金物

カバーがビスを雨水から守る構造になっています。

新ガラス押え金物

下端のガラス押え金物の、納まり図です。

仕様

形名

下端ガラス押え金物

材質(筐体)

アルミニウム

寸法

本体部 36Wx42Hx1820L フタ部 42Wx11Hx1820L

質量

本体部 0.50kg フタ部 0.31kg

使用条件 周囲温度

-10~80℃

使用条件 設置場所

集熱屋根面

新ガラス押え部材寸法図

W885×L2100の強化ガラス2枚分の寸法です。

新ガラス押え金物