施工例


施工例71 越戸・佇む家






























物件名越戸・佇む家
設計中山大輔建築設計事務所
施工
ポイント敷地内の母屋の向かいに建つ離れ住宅です。
母屋との距離を確保するため、建物は敷地の南側ギリギリに配置されてます。
そのため、隣の建物との距離が近くなり、日照条件が厳しくなってしまいます。
そこで、十字のような建物として、東南と西南の景色の抜けた部分から光を取り入れて日照を確保し、屋根にはしっかりと太陽が当るため、温熱環境的に厳しい部分を、そよ風で補っております。
内部は吹抜け空間を中心に螺旋状に部屋を展開しております。
吹抜は、夏は風を上から抜き、冬は空気を循環するよう機能させ、そよ風と合わさり、ほぼ一室空間ですが、安定した温熱環境となっております。
物件所在地栃木県宇都宮市


[873] 越戸・佇む家