エアコンアタッチメント

エアコンアタッチメントについて

マスタープラン一級建築士事務所の小谷和也さんのグループと共同で開発している、マンションリフォーム用のエアコンのアタッチメントですが、今回その1号製品を東京都武蔵野市のマンションに納品、現場取付まで終了しました。 環境創機が開発したのは、エアコン本体ではなくて、ダイキンのエアコン製品の中でもアメニティビルトイン形として販売されている、S50WLV という型番の製品本体に直接接続できる、出口側(排気用)と入口側(吸気用)のアタッチメントです。 小谷さんからの出口側(排気側)製品の仕様に関する要望は、以下のとおりでした。

小谷さんからの要望

1.夏には冷気を天井面から、冬には暖気を床下からそれぞれ出したいが、簡単に切り替えられるようにしたい。 2.接続できるダクトは50Φの細いものを冷房用、暖房用それぞれ5系統以上使用したい。(標準品は150Φのダクト3系統)。50Φを使用する理由は、間仕切り壁に収まるダクトサイズがそれしかないためということで、エアコンの効果に影響しないよう、ダクト系統を増やす(最大6系統)ことで、カバーするということでした。

製品のイメージ図

出口側、入口側とも数回の試作を繰り返して、完成したのが、今回の製品です。 出口側は、三角の形状をしていますが、右側、左側にそれぞれ最大6本の50Φダクトを取り付けることができるようになっています。 また、内部は、流路を切り替えるためのダンパー板が取り付けてあり、電動のダンパーモーターが稼働すると、左右どちらかに、風の流れを切り替えることができるようになっています。

製品のイメージ図(入口吸気側)

入口側(吸気側)製品の仕様に関する要望は、簡単に交換できるフィルターをつけてほしいということでした。 入口側(吸気側)については、パナソニックのFY-FK27というサランネットタイプのフィルターを2つ取り付けられる斜め形状のアタッチメントを開発しました。

ダクト配管のイメージ

ダクト配管のイメージ図です。左右どちらかを冷房用として、各居室の天井面から吹き出させます。 他方は暖房用として、各居室に設けた床吹出口を通じて吹き出させる仕組みになっています。

完成品を写真で見る

ということで、こちらが実際に取り付けられた完成品です。 完成品を見て、昔再放送で誰もが見ていたガンダムのGファイターを思い出しました。 「この変形機能は果たしてガンダムのパワーアップに必要だったのか?」 と当時の子供達の間で論争となり、 「バンダイがプラモデルを売るために必要だったのさ。」ということが大人になってからわかるアレです。

完成品を下から写真で見る

大人の事情はともかくとして、実際にダクトまで取り付けられたエアコン本体の写真を下から見た図です。 写真右側のダクトは、暖房用、左側は冷房用のダクトとなっています。左側冷房用のダクトは断熱仕様のものを採用しています。 暖房用はPanasonic VB-K0530V の断熱チューブを採用しています。 写真は、壁面から床下にチューブが配管されているところです。この後上天井面で、エアコン本体に接続されます。

試運転はまだ少し先です

残念ながら、試運転を行えるのは、配線がすべて完了する1月末頃ということですので実際の使用感などはまだレポートできませんが、今からすごく楽しみにしています。 小谷さんや、今回施工されているサンビックさんから、2号機、3号機の注文もすでに頂いており、今後様子を見ながら量産していきたいと考えています。

2月8日9日は見学会に行こう!

武蔵野市の現場ですが、来年2月8日9日に完成見学会を行うとのことです。本製品にご興味のある方は、是非見学会にご参加ください。