《そよ風》のしくみ
前回までで、パッシブデザインと、その導入の難しさが理解できたと思います。 そこまで理解できたところで、いよいよ、ソーラーシステム《そよ風》について説明します。  

冬の日中

冬の日中、《そよルーフ》は発電と同時に太陽熱で空気を暖めます。
(太陽光発電を導入しない場合は、《そよルーフ》の代わりに、金属葺き屋根で同様の効果を得ることができます)
暖められた空気は、ファンによって屋内に取り込まれます。
床下の蓄熱槽(土間コンクリート)は、暖められた空気によって蓄熱されます。

冬の夜

夜は蓄熱層からの放熱で室温を保ちます。

冬の夜と循環運転

夜に、エアコンやストーブなど暖房をつけた場合、温かい空気は天井へと上がっていきます
循環ボタンを押すと、天井面の温かい空気を再び床下に送り、暖房効果を高めることができます。

夏の日中

夏の日中、《そよ風》は室内の熱気のこもった空気を屋根面へ排気します。排気した空気は《そよルーフ》を冷やし、発電効率を上げます。 (お湯採り無しモデルの場合)

夏の夜

夏の夜、《そよルーフ》は冷たくなります。
これは天空に熱が放射される放射冷却と呼ばれる現象です。
《そよルーフ》の下の冷やされた空気はファンによって屋内に取り込まれます。
床下の蓄熱槽(土間コンクリート)は、冷気に触れることで、蓄冷されます。

お湯採り(オプション)

お湯採りする場合、《そよルーフ》で発電とともに、集熱空気をユニット内部でお湯採りコイルで熱交換します。その後、夏排気口を通じて排出します。 (お湯採りモデルの場合)

補助暖房(オプション)

《そよ風》のシステムと連動して、補助暖房を運転することができます。循環運転や取入運転と連動して、家を温めます。

    《そよ風》について、学んだところで、次章「《そよ風》とパッシブデザイン」では、お互いの相関する関係について、説明します。
前の記事  whatssoyokaze_10 パッシブデザインの問題点 次の記事  whatssoyokaze_10 《そよ風》とパッシブデザイン