OMソーラー ハンドリングダンパーボックスの修理
OMソーラーの修理依頼がありました。 環境創機の修理・メンテナンスに関する対応及びメニューについてはこちらをご覧ください。 今回の修理依頼は、ハンドリングのうち、ダンパーボックスと呼ばれる部品です。 通常、ハンドリングの故障箇所は、中央のファンボックスの内部のファンの劣化によるものが多く、ダンパーボックス自体が、故障する事例は多く無いのですが、今回は、その部品が故障していました。 ダンパーボックスの修理は、通常、ダンパーボックス全体を交換することが多く、交換はそれほど難しい作業ではありません。 ただし今回、お施主様は、「このハンドリングは修理できません。ハンドリングを全部交換することが必要です」との説明を受けていました。 ハンドリングの全交換を行う場合、多額の交換費用が必要となることから、難色を示され、他の方法がないかを探していたところ、別のルートから環境創機で修理対応を行っていることを紹介され、今回問い合わせをいただきました。 早速現地調査しましたが、今回ネックになっていたのは、ハンドリング本体が、合板に覆われた狭い場所に設置されており、合板自体も前面だけしか開けることのできない構造になっていたことでした。 壊れたダンパーボックスを外すには、手が届かない箇所があったため、交換自体もかなり難しいと予想されました。

ハンドリングが合板で覆われている

前面の合板を外したところ

環境創機では、T型ハンドリングの修理品の部品供給ならびに修理対応を継続して対応しております。 修理対応には、様々なノウハウを蓄積していますが、今回の場合は、ダンパーボックス全体の交換も難しいとの判断から、裏技として、ダンパーボックスを分解して、その構成している一部の部品を取り外す方法を採用することにしました。 この工事は、ハンドリングの構造を部品レベルで理解して、分解する方法を知っておく必要があるのでが、何とか工事可能との判断の元に、着手しました。 接合しているリベットを取り外すことによって、ダンパーボックスの一部を取り外して、内部の壊れた部品を交換することができました。 難しかったのは、内部の壊れた部品を取り外すために、裏側にも貼ってある合板の一部に穴を開けなければいけなかったことです。 10cm×10cm程度の小さな窓を2つ、廻し引きノコギリを使ってなんとか開けて、ようやく部品を外すことができました。 修理が完了後、お施主様からは、「諦めかけていたので、無事に治って本当にありがたい。これで安心して暖かい冬を迎えることができます」と、喜んでいただきました。
環境創機では、OMソーラーの旧型製品(M型・T型)のハンドリングや制御盤について、故障時の、修理品、交換品の供給や、修理工事を承っています。
これらの製品の故障でお困りの方は、環境創機までお問い合わせください。

なお、環境創機に修理を依頼する場合には、弊社の判断と責任において、修理をさせていただくことをご了承ください。
また、旧トモス株式会社ならびに環境創機株式会社が(株)OMソーラー協会並びにOM計画(株)(現OMソーラー株式会社)に販売した製品について、弊社が受注した修理の内容の情報については、OMソーラー株式会社との「製品等に関するアフターサービス協定書」に基づき、OMソーラー株式会社に提供させていただきます。

メンテナンスご相談フォーム

出張点検・出張メンテナンスのご依頼・ご相談はこちらのフォームにご記入いただき、送信ボタンを押してください。

【ご相談者様(あなた)についてご記入ください。】

◆お名前 必須

◆お立場 必須
お施主様工務店・設計事務所などの関係者様(お施主様以外)

◆お電話番号 必須

◆携帯電話番号

◆メールアドレス 必須



<工務店・設計事務所などの関係者様(お施主様以外)の場合>

◆会社名

◆会社の郵便番号

◆会社の住所(都道府県名から番地・号・建物名・部屋番号まで)

 

【メンテナンスをご相談いただく現場についてご記入ください。】

◆現場となる建物の新築時の邸名 必須

◆現場となる建物の郵便番号 必須

◆現場となる建物の住所(都道府県名から番地・号まで) 必須

◆新築時に施工した工務店・建設会社等の社名 必須

◆お使いの制御盤(コントローラー)のタイプはどれですか? 必須
旧制御盤

 

 

大崎制御盤

 

 

DOM制御盤

 

 

TC-1 (メーター温度表示タイプ、露出型)

 

 

TC-1 (メーター温度表示タイプ、半埋め込み型)

 

 

TC-1 MK2 (デジタル2桁温度表示タイプ)

 

 

TC-1 MK3 (デジタル3桁温度表示タイプ)

 

 

TC-4

 

 

CU-5

 

 

CU-60

 

 

CU-6(6A)

 

 

CU-7(7A)

 

 

CU-70(7B、7C)

 

 

CU-8

 

 

CU-9

 

 

CU-10

 

 

◆どのような症状・故障でお困りでしょうか。ご相談・ご依頼の内容をご記入ください。 必須

 

◆ハンドリング機械がある屋根裏の入口はどのようになっていますか? 必須
階段付きのロフトになっている天井収納階段になっている天井点検口があり、脚立が必要その他(下の特記事項に詳しくご記入ください)

 

◆ハンドリング機械以外で、ご心配・ご不安があればチェックしてください。
屋根貯湯槽ボイラーシロアリ対策

 

◆上記の他にも、特記事項がございましたらご記入ください。

 

◆出張点検・メンテナンスのお見積りをご提示する前に、屋根裏のハンドリング機械やその周りの作業環境を確認する必要がございます。
環境創機の公式LINE、もしくは環境創機メンテナンス窓口のメールアドレス(info@kankyosouki.co.jp)へ、写真をお送りください。

弊社で事前に確認したい写真は、こちら↓のページで説明しているような写真です。
『出張点検・出張メンテナンスのご依頼の際に送っていただきたい写真の例』

 

◆現場の状況(症状)をより詳しく確認させていただくために、LINEのビデオ通話を利用して対話させていただくことがございますので、こちらの「友だち追加」ボタン、もしくはQRコードから、環境創機の公式LINEの友だち登録をお願い致します。



友だち


 

ここまでのご記入ありがとうございました。
内容をご確認の上、送信ボタンを押してください。