《そよ風》の考え方
本章では、「心地良い住まい」を実現する《そよ風》の考え方をお話しします。 その中心となるのは、「パッシブデザイン」という言葉です。 パッシブデザインは、《そよ風》に限らず、快適で、省エネルギーに配慮した家づくりの基本となる考え方です。 《そよ風》について知るためには、まずこの「パッシブデザイン」の思想を理解して、その上で《そよ風》の具体的なしくみを学ぶのが良いでしょう。
心地良い住まいとは?
「心地良い住まい」で暮らすことについてお話しします。
住まいのエネルギー消費
暮らしに不可欠なエネルギー消費についてお話しします。
パッシブデザインを学ぶ
建築の省エネルギーに不可欠な手法「パッシブデザイン」について学びます。
パッシブデザインの問題点
パッシブデザインを導入する問題点について、説明します。
《そよ風》のしくみ
太陽熱や夜間の放射冷却など自然のエネルギーを利用して室内に快適な温熱環境を生み出すシステム《そよ風》のしくみについて説明します。
《そよ風》とパッシブデザイン
《そよ風》とパッシブデザインの関係について説明します。
《そよ風》と太陽光発電・太陽熱給湯
《そよ風》は太陽光発電や太陽熱給湯といった、アクティブソーラーとしても機能も備えています。
《そよ風》のもたらす省エネルギー
《そよ風》のもたらす省エネルギーについて説明します。