集熱屋根の施工(《そよルーフ》編)

集熱屋根の工事(《そよルーフ》編)

太陽光発電一体型《そよルーフ》の施工です。

最初に、治具を使ってアルミ桟を設置します。

棟上部からスライドさせて太陽光発電モジュールを設置します。

上部2段は、採熱板を取り付け、集熱モジュールを設置します。

集熱チャンバーとそよルーフの間はタルキを伸ばしてつなぎます。

そよ風2一列型は、集熱チャンバーを並べる前に、落としこんで設置します。

その後、集熱チャンバーを頭ツナギに押し付けながら設置します。

配管用のPS管にもコーキングして空気漏れを防ぎます。

ツナギ部分に断熱材を貼り、気密テープで空気漏れを塞ぎます。

ビデオ 集熱屋根の工事(《そよルーフ》編その1)

ビデオ 集熱屋根の工事(《そよルーフ》編その2)