OMソーラーMS型ハンドリングファンユニットの交換

MS型ハンドリングのファンの不調について、相談がありました。

MS型ハンドリングは弊社の製品では無いために、詳細が把握できず、これまで対応できないでいましたが、検討した結果、ファンユニットの交換ができそうだという見込みの元にチャレンジしました。

まず、ファンユニットを確認するべくフタを外します。そのためには、配線をまとめてあるジャンクションボックスを外す必要がありました。


MS型ハンドリングのファンユニットが姿を現しました。


ファンユニットのケースを残してファンだけ交換できないかと思いファンをまずはずしましたが、交換品と寸法が異なっていることが判明し、ファンユニットケースも外すことになりました。


交換品のファンユニットです。幸いファンユニットのケース寸法は互換性があり、交換自体はできそうでした。

仮組みしてみると、従来品よりもファンが小さくなっています。このままだと隙間から空気が漏れてしまうことが判明しました。

一旦会社に戻り、断熱材を持って、現場に戻りました。
寸法を測って、断熱材をその場で加工します。

ファンモーターの位置は重要なので、何度も採寸を行い、慎重に位置を決定しました。


フタが無事にはまって交換完了です。


動作確認をしていると、制御盤の温度表示が出ず、スイッチを動かしても表示も切り替わらずにいたので、焦りました。


調べた結果、誤って試運転スイッチをONにしていたことが判明し、スイッチを元に戻して、ようやく正常な動作に戻りました。自社製品ではないために、起こしてしまった勘違いです。

いろいろとハプニングも起こりましたが、最後は無事に修理が完了してほっとしました。

MS型ハンドリングについてお困りの方がいらっしゃれば、環境創機までご相談ください。

お知らせ

環境創機では、古いOMソーラーのハンドリングの修理を行っております。
製品の交換品の支給の他、出張修理も承っております。

なお、環境創機に修理を依頼する場合には、弊社の判断と責任において、修理をさせていただくことをご了承ください。
また、旧トモス株式会社ならびに環境創機株式会社が(株)OMソーラー協会並びにOM計画(株)(現OMソーラー株式会社)に販売した製品について、弊社が受注した修理の内容の情報は、OMソーラー株式会社との「製品等に関するアフターサービス協定書」に基づき、OMソーラー株式会社に提供させていただきます。

お気軽にお問い合わせください。