OMソーラーT型ハンドリングのお湯取りと逆転排気の同時利用
OMソーラーの排気運転を逆転排気(そよ風2化)にする改造は、これまで何度か取り組んできました。 夏排気の経路を変えて、リターンから空気を吸い込み、棟ダクトに逆転で流すことによって、夏の暑さを解消する改造手法のことです。 夏に熱気をハンドリングの中に入れないため、小屋裏の暑さが解消される利点がありますが、ただこの方法は「夏のお湯取り」ができなくなるという欠点を持っています。 貯湯槽が壊れたなど、「もうお湯取り」をしない方であれば良いのですが、「お湯取りは機能しているし残したい」という施主にとっては、受け入れられないものでした。 工務店さんに、「両方ともできるようにならないですか?」と相談をいただいて、考えたのが、切替吹出口を利用して、ハンドリングを改造する方法です。 概念図で説明するとこんな感じです。 夏排気ダクトの中間に、新規に電動の切り替え吹出口を設けて、一方を棟ダクトへ、他方はそのまま夏排気口ダクトへと接続します。 あとは、制御で、お湯採りと逆送の夏排気を切り替えます。 お湯取りの場合は、空気はオレンジ矢印のとおりに動きます。 逆走の排気運転の場合は、空気は、青矢印のとおりに動きます。 今回、制御を盛り込むのが相当に大変でした。 逆転排気と、お湯採り夏排気は、これまで全く別のロジックで動いていたので、同時に矛盾無く制御をプログラミングするのは、相当大変な頭の体操でした。 条件として設定できるのは、下記のとおりです。 1.常に貯湯排気運転をする 2.湯温が、40℃、45℃、50℃に達したら、逆走排気運転を行う 3.5分毎、10分毎、20分毎に、どちらかの運転を切り替える 4.常に逆転排気 ここまで準備したところで、実際の取り付けを行いました。 まずは、制御盤の交換です。今回はT型制御盤TC-1を、最新のTC-10に交換します。 交換前のTC-1の制御盤です。 本体を壁から取り外し、配線を引っ張り出します。 TC-10用に配線を繋ぎ直していきます。 続いて、小屋裏に上がります。 ここでも、配線のつなぎ直しを行います。小屋裏にはパワーユニットがあり、配線がつながっています。 今回は、この中の12芯の信号ケーブルを利用します。 ケーブルの割当表に基づいて配線を組み直します。 棟温度センサーを繋ぎ直したところ。他のケーブルも同様に作業します。 TC-10用のパワーユニットを柱に固定します。場所はTC-1のパワーユニットが設置されていたのと同じ場所です。 パワーユニットを設置し終わったら、各ケーブルを再接続します。 午後からは、排気ダクトに切替吹出口を挟み込む工事を行いました。 切替吹出口の設置場所や位置を確認しています。 位置決め後、ダクトを切断しています。 棟ダクトも穴を開けて、ダクトをつなげます。 無事切り替え吹出口の接続が完成しました。 動作確認後、ソフトウェアの修正が必要となったので、翌日再訪してマイコンを書き換えました。 再度、動作確認し、正常に動作したので、今回の改良工事は完了です。

お知らせ

環境創機では、古いOMソーラーのハンドリングの修理を行っております。 製品の交換品の支給の他、出張修理も承っております。 なお、環境創機に修理を依頼する場合には、弊社の判断と責任において、修理をさせていただくことをご了承ください。 また、旧トモス株式会社ならびに環境創機株式会社が(株)OMソーラー協会並びにOM計画(株)(現OMソーラー株式会社)に販売した製品について、弊社が受注した修理の内容の情報は、OMソーラー株式会社との「製品等に関するアフターサービス協定書」に基づき、OMソーラー株式会社に提供させていただきます。 お気軽にお問い合わせください。